不動産(土地建物)調査 地押し

めちゃやさしい不動産の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識 不動産(土地建物)調査・法務局の調査


*土地の調査「地押し」(じおし)


スポンサードリンク



*土地の調査「地押し」




土地を買い権利証をもらって安心していたら、何年か後に、土地はその場所にない

ことがわかりました。

土地を買い、建物を建築しようとしていたら「あなたの土地と道路との間に私の土地

がある。私の土地を通らないでください」と言われました。


あなたは、土地を買うとき、その土地がその場所にあることを確認しましたか?

道路との間に他人の土地がないことを確認しましたか?

どこで確認しましたか?

あなた自身で確認しましたか?


「買主は、自分が買う土地の調査をするのは当然である。その調査を怠るということは

買主にかなりの過失がある」という裁判例があります。つまり自分が買う土地の調査ぐ

らい自分でやって当たり前といういことです。私はしろうとで何もわかりません、では通

用しないということです。

こんな調査はどうしたらいいのでしょうか?

法務局と買おうとする現地の両方で調査するのです。地押し(じおし)調査をやるのです。


*地押し調査・・・江戸時代の検地の一種地押し、地押さえとは少し意味が違います。ここ

でいう地押しとは、調査する土地の周辺を法務局で調べ現地と合うかどうか現地調査

ることです。


1.商工地図(住宅地図)のコピー

一軒ずつ名前の入った地図を見かけたことありませんか。商店とか市役所、法務局、図

書館にも置いているところがあります。その地図のコピーを手に入れます。


2.商工地図のコピーを持って法務局にいきます。公図、17条地図、地積測量図、登記簿

を閲覧し、土地の両隣接、裏側の所有者を調べます。少し離れた道の角地なども調べます。

商工地図を見れば大体合っていることがわかりますが、念のため現地も調べます。


ここで注意しておきたいのは、間違いはその近辺全部ということがあります。昔、大地主さ

んが、土地の地番を間違って売った。買った建売会社は、何筆かに分筆して分譲したという

ことになれば、その近辺全部間違っていることになります。そのチェックも忘れずに調査して

ください。

どうしても自分ではちょっと手に負えないという方は、お近くの土地家屋調査士に調査を依頼

されたらいいでしょう。

土地家屋調査士は、業務上、事前調査としていつもこんな調査をやっているのです。


   不動産(土地建物)調査・法務局の調査 はこちら
めちゃやさしい不動産の基礎知識 不動産(土地建物)の調査 地押し ページ・トップ