容積率

スポンサードリンク
【容積率】
容積率とは、建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合です。

  容積率%=建築物の延べ面積/敷地面積×100

  建築物の延べ面積=敷地面積×容積率%

容積率20/10 つまり200%のところでは、敷地面積が10

0uとすると  100×200%=200u

延べ面積200uまで建てられるということになります。


このことから、収益物件を建てる場合、容積率は大きい方が有効に

建物が建てられます。投資効率がいいことになります。


しかし、ここで容積率が大きいからと安心してはダメです。前面道

路幅員(幅員12m未満)による制限が隠れております。


*前面道路幅員による制限(幅員12m未満)

2以上の道路に面しているときは幅員の大きい方で計算します。

通常の容積率とこの前面道路幅員で計算したものと比べ、どちらか

小さいいほうになります。つまり道路幅員が狭い場合は、不利にな

ります。
--------------------------------------------------------
第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層
住居専用地域、第2種中高層住居専用地域、第1種住居地域、第2
種住居地域、準住居地域
             前面道路の幅員(m)×4/10
--------------------------------------------------------
上記以外の地域の場合は  前面道路の幅員(m)×6/10
--------------------------------------------------------

・第1種住居地域、容積率20/10 200%  前面道路4m
の場合の計算例

  容積率=4×4/10=16/10・・・・・160%
  上記の200%に比べ160%の方が小さい。容積率は160
    %になります。

・あと容積率の緩和等こまかいことが少しありますが、大まかな場
合はこういうことです。

ここまででわかりました?わからない人は気にしなくていいです。
これ全部分かる人は天才です。(笑)

●●●これは忘れないこと●●●

収益物件を建てる場合、建ぺい率、容積率は大きい方が有効に建物

が建てられます。投資効率がいいことになります。銀行が融資で愛

の手を差しのべ、擦り寄ってくる物件に少し近くなります。(笑)
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ |  ページトップ