建ぺい率

スポンサードリンク
【建ぺい率】

防災、日照等住環境の観点から、敷地に空地を残すように、建てら

れる建物の大きさを制限しています。土地の広さに対する建物の蔽

う率と書きます。


建ぺい率はその地域の都市計画で定められています。

また角地は緩和する規定などがあり、その地域の市町村役場都市計

画課で聞くのがいいでしょう。


 建ぺい率とは、建築面積の敷地面積に対する割合です。

  建ぺい率=建築面積/敷地面積×100% 
        (/は割るという意味です)

建ぺい率 20%、50%、60%、70%というふうに決められ

ています。

目安として、70%では、軒の出を考え、建物の周囲に50cm程

度の空地をとれば建ぺい率70%くらいになります。

60%では、70%の形に少々前で余裕をとれば60%になります。


パーセントからするともう少し余裕があるのではないかと考えがち

ですが、建物の周囲の土地は、かなり面積をとります。


建ぺい率60%、敷地面積100平方mとした場合、の建築面積は

幾らまで建てられるか計算してみましょう。

 100×0.6=60平方m 

床面積ではなく建築面積60平方mまで建てられることになります。


*建ぺい率の角地緩和

敷地が2方道路で角地の場合、条件はありますが、10%プラスし

た建ぺい率が適用されます。つまり建ぺい率60%なら、60%+

10%=70%になります。


収益物件を建てる場合、建ぺい率は大きい方が有効に建物が建てら

れます。投資効率がいいことになります。
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ |  ページトップ