アパマンローン・属性審査

スポンサードリンク

アパマンローン・属性審査
 
 
 広辞苑では、属性とは、物の特徴、性質と書いてあります。

 これを人間に当てはめると、年齢、性別・・・・・・となります。

まさに個人情報です。

 アパマンローンの銀行審査に当てはめると、借主本人の個人的な

信頼度、社会的な信頼度のことになります。

 アパマンローンの銀行の審査では、購入する不動産物件だけで

はなく、貸す相手の属性を重要視します。


●一般的な属性審査の項目としては、

  年齢、性別、居住年数、居住形態、家族構成、

  勤務先名、同規模、雇用形態、勤続年数、職種、年収


 なにこれ? そうです。特別捜査本部を立ち上げ、つまり帳場を

立ち上げ、ホシの聞き込み捜査の段階で、ホシの属性を聞いてまわ

ります。銀行の属性と同じです。銀行の属性は、ただ犯罪の動機づ

けが足りないだけです。


●主なものについて補足します。

・勤務先名・・・企業の信用度が融資審査の基準とされる。公務員、

上場企業の正社員等は、安定した給与が継続してあると判断され属

性がよいとされています。  


・雇用形態・・・正社員ではなく、契約社員、アルバイトなどでは

不利になります。


・勤続年数・・・最低3年以上必要です。長いほうがより有利です。

短期間で、転職が激しい場合は非常に不利になります。


・配偶者、両親に保証人になってもらえる場合・・・その配偶者、

両親の属性がいい場合は有利になります。たとえば、収入が多いと

か、所有している資産がたくさんある等です。


・「目標300万円から600万円で家主になってやる」で、アパ

マンローンなしで家主になっている家主さんは、持っている資産が

属性審査の対象になり有利です。それとアパート、マンションの賃

貸経営経験、能力が属性審査に有利に働きます。


 ここでも金持ちは優遇されます。銀行は資本主義経済の親玉です

から仕方ないんです。

 資本主義は崩壊すると誰かさんが予言していましたが、いまだに

崩壊していません。崩壊を待っていてもまだまだです。

 ですから、上記の属性審査で不利な人は、有利な項目を多くする

よう、すぐ着手する必要があります。

 もちろんタバコはやめるよう最大の努力をしてください。そして

お金を貯めましょう。「目標300万円から600万円で家主にな

ってやる」で家主になりましょう。

 ちゅうさんが考案した「禁煙絶対成功塾」が無料でダウンロード

できますので、下記をクリックし、禁煙してください。

  各種ガイドコーナー 
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ | ページトップ