建築基準法でいう道路3

スポンサードリンク
【建築基準法でいう道路3】

*接道(せつどう)義務

都市計画区域、準都市計画区域内(市街地ではほとんどの地域はこ
れに該当します。)の建築物の敷地は、建築基準法でいう道路に2
m以上接していなければだめなんです。
2mとは斜めではだめなんです。直角に2mです。したがって斜め
の場合は2m以上必要になります。
2m未満だと建築物は建てられませんよということになります。

このように建築基準法でいう道路に2m以上接する必要があること
を接道義務といいます。
ただし敷地の周囲に広い空き地があって許可されたものは除かれま
す。こんなことはめったにありません。

特殊建築物、学校、病院、共同住宅等人が大ぜいいるところを特殊
建築物といいます。
特殊建築物では、3階建以上、延べ面積が1000平方メートルを
超える建築物は、各地方公共団体(都道府県)の条例によってより
厳しい制限を加えることができます。

たとえば共同住宅は4m以上とか、長屋住宅は3m以上接道してい
ないとだめ、長屋住宅の場合は各戸が3m以上の通路に面するなど
条例で決めています。
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ |  ページトップ