不動産競売とは?

スポンサードリンク
【不動産競売とは?】
「目標300万円から600万円で家主になってやる」

*不動産競売とは?

「競売」の読み方は、きょうばい、けいばい と読みます。

法律用語では「けいばい」といいます。


法律はいつも変わっています。借地借家法は「しゃくちしやっかほ

う」といいます。境界は「けいかい」といいます。


「きょうばい」と普通に読めばいいんです。ことさら法律家ぶって

「けいばい」と読まなくてもいいんです。


さて、不動産競売とはなんでしょう。住宅ローンを借りるとき銀行

が担保として、その不動産に抵当権設定の登記をします。


借主が、住宅ローン返済不能となったとき、銀行は、その抵当権を

実行します。つまり不動産の競売を裁判所に申し立てて、競売し、

競売代金を、住宅ローンで焦げ付いた貸付金に充当します。これが

競売です。


最近は頭金をあまり入れずに、ほとんど頭金なしの状態で住宅ロー

ンを組む場合が多い傾向にあります。当然毎月の返済額が多額にな

ります。ちょっとしたつまづきでも、たちまち返済不能に陥ります。

このことは私達も反省すべきことです。


しかし「目標300万円から600万円で家主になってやる」とい

う不動産投資上から考えると、時期的にも願ってもない大きな大き

なチャンス到来ということになります。


300万円〜600万円では、1棟アパートは買えません。中古の

木造住宅、中古のマンション(区分建物)1戸なら買えるものが出

てきます。


しかし、競売の場合は、内部調査ができません。

内覧制度(執行官が、買受希望者を不動産に立ち入らせて見学させ

る制度です。)というものはありますが、占有者の立ち入り拒否等

があり内覧はできないのが実情です。内部調査は、裁判所の現況調

査報告書、同添付写真が頼りです。
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ |  ページトップ