外壁後退(壁面後退)距離

スポンサードリンク
【外壁後退(壁面後退)距離】

第一種低層住居専用地域または第二種低層住居専用地域内において

は、良い住環境をつくるために、建築物の外壁またはこれに代わる

柱の面から敷地境界線までの距離(外壁の後退距離)が定められて

いる場合があります。


その距離は、地域により異なりますが、1.0mまたは1.5mと

決められている場合があります。


外壁または柱の面とは、外面です。建築物は通常壁または柱の中心

線ですが、この場合は非常に厳しい規定になっており外面です。


外壁後退(壁面後退)距離1.5mとした場合、簡単な話、建物の

外面から敷地境界線までの距離を周囲1.5m離さなければなりま

せん。周囲ですよ。小さい敷地なら建物を建てる余地がなくなりま

す。


例えば、間口3.6m(2間間口)の土地の場合なら、道路から敷

地に向かって左右両隣地境界線からの距離は1.5メートル×2=3

m、3m必要ですから、3.6mー3.0=0.6家を建てる間口は

60センチしか残りません。


それだけ離せば、良い住環境をつくれるでしょう。しかし収益物件

を建てる場合、こんな土地は適しません。収益物件に限らず普通の

家でも絶対に避けるべき土地です。
スポンサードリンク

不動産投資の基礎の基礎・・・・・次のページ
----------------------------------------------------------------
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップ |  ページトップ