宅地建物取引士試験合格のために めちゃやさしい不動産の基礎知識
ホームページ 宅建取引士コーナー

*宅地建物取引士試験合格のために

宅地建物取引士試験合格の手引き

@  いいと思った基本書と問題集各1冊を買う。

A  過去の出題を徹底的に調べ、その傾向をつかむ。取捨選択、大英断を下す。

B他の資格試験と一緒に勉強しない。宅建取引士試験だけやる。

C勉強は、どんなことがあっても日曜日以外は絶対にやる。わずかでもいい、継続する。

 ―――――――――――――――――――――――――

@  何冊も買うより各1冊だけにする。お金が余れば、うまいもんでも食べる。まず基本書の重要と思うところに赤線を入れていく。このときは覚える必要なし。ひたすら赤線を入れていく。ただ声を出しながら読んでいければなおよい。居眠り防止と口、耳を使うことにより、勉強しているという自覚が生まれる。日曜日を除き1日20ページ読んだとして1ヶ月と少しで読み終える。そのあと問題集をやりながら基本書を見る。この繰り返しで徐々に頭の中へ入っていく。この繰り返しが非常に重要です。

A  過去の出題傾向を調べ、取捨選択、捨てるものは捨てる。捨てるのが重要。捨てるのがどうしてもいやな人は、その分も勉強することになる。一方出題者側から考えると、今までの出題傾向とかけ離れた出題をして、合格点を大幅に下げなければならない事態になったらどうしょう、とまず考えるのである。そこで非常に保守的になる。出題傾向に沿った問題になっていくのである。しかしたまには今まで出たことのないような問題も出るだろうが、数はしれている。

B省略

C勉強の継続・・・スポーツと同じと考えよう。今日の分、明日やればいいではだめ。ほんのわずかでもやりましょう。

スポンサードリンク
めちゃやさしい不動産の基礎知識トップに戻る 宅建取引士試験合格のためにトップに戻る | お問合せ | LINK |