競売ドキュメント・不動産裁判

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
競売ドキュメント・不動産裁判
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 競売ドキュメント・不動産裁判1 まえがき に戻る

競売ドキュメント・不動産裁判 9 貸家に荷物残置

スポンサードリンク スポンサードリンク

競売ドキュメント・不動産裁判 9 貸家に荷物残置




*貸家に荷物残置、次の手を打ってきた




山田は、貸家に再三足を運んだが鍵がかかっており留守状態であ

った。夜も電灯の光はなかった。

近所に聞いて回った結果「田中さん引越ししゃはりました。半月

ほど前かなあ。どこへ行ったかわからへん。普通やったら玄関に

引越し先の紙貼ってまっけどなあ。」田中は○月末ごろ引越し

していることがわかった。

そういえば、契約解除通知の内容証明郵便の配達証明書の証明郵

便局が他市の郵便局であったことを思い出した。そのときは、勤

務先の郵便局へ受け取りにいくこともあるだろうと考えていた。

山田は、時間の許す限り貸家に出かける。


○月○日、電気店のトラックが、貸家付属のカーポートに駐車し

ており、社員が荷物を積み込みシートをかけていた。

山田が近ずくと田中の主人田中元三がいた。


山田は、「建物の中を見せてもらう」と言って、勝手口のノブを

回したが、鍵がかかっていて開かなかった。


田中元三は「家の中にはタンスから全部置いてあるんや。お前、

家主やったら鍵を持っておるやろ。鍵がなかったら裁判所に開け

てもらえ。」と言った。



これから裁判であり、相手の住所が必要である。最近は他人の住

民票の交付を受ける場合は面倒になっている。請求事由に必要で

あろう賃貸借契約書をもって役所に行く。

田中茂子は引越ししているが、住民票は貸家の所在地のままであ

った。


賃貸借契約書の借主の名前は田中茂子であり、田中茂子の住民票

はくれたが、他の家族の住民票はくれなかった。子供は学生であ

り引越し先の住民になっているはずである。しかし、交付は不可

能であった。




(参考)

【住民基本台帳法】


(住民票の写し等の交付)

第十二条  住民基本台帳に記録されている者は、その者が記録

されている住民基本台帳を備える市町村の市町村長に対し、自己

又は自己と同一の世帯に属する者に係る住民票の写し(第六条第

三項の規定により磁気ディスクをもつて住民票を調製している市

町村にあつては、当該住民票に記録されている事項を記載した書

類。以下同じ。)又は住民票に記載をした事項に関する証明書

(以下「住民票記載事項証明書」という。)の交付を請求するこ

とができる。

2  何人でも、市町村長に対し、自己又は自己と同一の世帯に

属する者以外の者であつて当該市町村が備える住民基本台帳に記

録されているものに係る住民票の写しで第七条第十三号に掲げる

事項の記載を省略したもの又は住民票記載事項証明書で同条第一

号から第十二号まで及び第十四号に掲げる事項に関するものの交

付を請求することができる。

3  前二項の請求は、請求事由その他総務省令で定める事項を

明らかにしてしなければならない。ただし、総務省令で定める場

合には、この限りでない。

4  市町村長は、特別の請求がない限り、第一項の住民票の写

しの交付の請求があつたときは第七条第四号、第五号及び第九号

から第十四号までに掲げる事項の全部又は一部の記載を省略した

写しを、第二項の住民票の写しの交付の請求があつたときは同条

第四号、第五号、第九号から第十二号まで及び第十四号に掲げる

事項の全部又は一部の記載を省略した写しを交付することができ

る。

5  市町村長は、第一項又は第二項の請求が不当な目的による

ことが明らかなときは、これを拒むことができる。

6  第一項又は第二項の請求をしようとする者は、郵便その他

の総務省令で定める方法により、これらの規定に規定する住民票

の写し又は住民票記載事項証明書の送付を求めることができる。


(続く)

 競売ドキュメント・不動産裁判 続きはこちら


   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   競売ドキュメント・不動産裁判 ページトップ |LINK |