競売ドキュメント・不動産裁判

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
競売ドキュメント・不動産裁判
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 競売ドキュメント・不動産裁判1 まえがき に戻る

競売ドキュメント・不動産裁判 31 最高裁判所等の【判例】調査方法

スポンサードリンク スポンサードリンク

競売ドキュメント・不動産裁判 31 最高裁判所等の【判例】調査方法




*最高裁判所等の判例調査はこうしてできる。



めちゃ簡単です。とりあえず関係のない人でも、ものは試しで使っ

てみてください。

いよいよ裁判員制度が本格化し、皆さんも裁判員に選ばれたら「い

やや」とは言えません。今のうちに使うのに慣れておくのもいいか

もしれません。

昔は、判例調査は大きな本のページを繰ってああでもない、こう

でもないと、やっさもっさやっていたようである。インターネット

の発達した現在、さすがです。しろうとでも簡単にできるようにな

りました。感謝感激です。^^

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 裁判所ホームページ  http://www.courts.go.jp/
               裁判所ホームページ

ホームページ右上「裁判例情報」をクリックする。

「判例検索システム>検索条件指定画面」になる。

左側 「統合検索」の下の「最高裁判所判例集」をクリック

「最高裁判例 検索画面」になる。


その画面の「特定検索」は事件番号等がわかっているときに使う。


わからないときは「詳細画面」を使う。

「民刑区分」の「民事」の箱にチェックを入れる。

そのあと、一番下の「全文」の検索窓を使う。


全文の最初の窓に「契約解除」を入力。

その下に「and」の文字があるが、その下の窓に「相殺」を入力

する。つまり「契約解除」と「相殺」の両方を含む検索である。

一番下の「検索」をクリックする。


5件が検索される。そのうち「家屋明渡等請求」が3件あるので3

件の内容を見てみる。各左側の「最高裁判例」をクリック。


昭和40(オ)437 家屋明渡等請求  
昭和42年11月30日 最高裁判所第一小法廷


昭和37(オ)747 家屋明渡等請求  
昭和39年07月28日 最高裁判所第三小法廷


昭和30(オ)332 家屋明渡請求  
昭和32年03月08日 最高裁判所第二小法廷





結果

昭和30(オ)332 家屋明渡請求  
昭和32年03月08日 最高裁判所第二小法廷


がぴったりである。その内容は下記のとおりです。



−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

     最高裁判例  


事件番号    昭和30(オ)332

事件名      家屋明渡請求

裁判年月日 昭和32年03月08日

法廷名    最高裁判所第二小法廷

裁判種別 判決

結果 棄却

判例集巻・号・頁 第11巻3号513頁

原審裁判所名 名古屋高等裁判所

原審事件番号

原審裁判年月日

判示事項 相殺の遡及効が契約解除に及ぼす影響の有無。

裁判要旨 賃貸借契約が、賃料不払のため適法に解除された
以上、たとえその後、賃借人の相殺の意思表示に
より右賃料債務が遡つて消滅しても、解除の効力
に影響はなく、このことは、解除の当時、賃借人
において自己が反対債権を有する事実を知らなか
つたため、相殺の時期を失した場合であつても、
異るところはない。

参照法条 民法506条,民法541条

全文  PDF全文

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


この判例の一番下の「全文」の個所にある「PDF全文」をクリック

すると下記のようなPDFをダウンロードできる。


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


主    文

     本件上告を棄却する。

     上告費用は上告人らの負担とする。
         
理    由

 上告理由第一点について。

 相殺の意思表示は双方の債務が互に相殺をなすに適したる始めに

遡つてその効力を生ずることは、民法五〇六条二項の規定するとこ

ろであるが、この遡及効は相殺の債権債務それ自体に対してであつ

て、相殺の意思表示以前既に有効になされた契約解除の効力には何

らの影響を与えるものではないと解するを相当とする。そしてこの

事は相殺の自働債権者がその債権を有しておることを知らなかつた

ため相殺の時期を失した場合と雖も右の理を異にするものとは解せ

られないから、論旨は到底採用に値しない。

 上告理由第二点について。

 原審の認定した事実関係の下においては、本件被上告人のした解

除権の行使をもつて権利の濫用とは到底解することができない。論

旨は採用し難い。

 よつて、民訴四〇一条、九五条、八九条に従い、裁判官全員の一

致で、主文のとおり判決する。

 最高裁判所第二小法廷

    裁判長裁判官    小   谷   勝   重

       裁判官    藤   田   八   郎
            
       裁判官    河   村   大   助
             
       裁判官    奥   野   健   一


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


とまあ、すごく簡単です。

しかし、この検索をうまく使うには、検索窓に入力する語句が難し

いのです。この語句によっては、なかなか検索できません。(汗)



(続く)



 競売ドキュメント・不動産裁判 続きはこちら


   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   競売ドキュメント・不動産裁判 ページトップ |LINK |