住宅ローン入門シリーズ

めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

*住宅ローン・自己資金(頭金、諸費用)

スポンサードリンク スポンサードリンク

*住宅ローン・自己資金(頭金、諸費用)


・頭金

住宅ローンの場合、自己資金はいくらぐらい必要でしょうか。

物件によっては購入価格の5〜10%の頭金でいける場合もあります。また30%以上必要な場合もあります。

一般的には購入価格の20%以上の頭金が必要といわれています。




・住宅購入についての諸費用

下記のように、いろいろな費用が必要です。

税金(登録免許税、不動産取得税等)

登記手数料(司法書士、土地家屋調査士報酬等)

ローン借り入れ費用(特約火災保険料、保証料、団体信用生命保険特約料、抵当権設定登記司法書士報酬、登録免許税等)

引越し費用、家具、家電、インテリや費用等

諸費用合計として新築住宅で購入価格の5%、中古住宅で7〜8%必要です。




・合計当初自己資金

頭金とあわせると、当初自己資金としては購入価格の25〜30%必要になります。


諸費用はどうしても計算が甘くなり、無理な資金計画になりますので、くれぐれもご注意ください。

住宅ローン・入門シリーズ続く

   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る *住宅ローン・自己資金(頭金、諸費用)のページトップ |LINK |