住宅ローン入門シリーズ

めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

*住宅ローン・返済が苦しい、どうする?

スポンサードリンク スポンサードリンク

*住宅ローン・返済が苦しい、どうする?




*住宅ローンの返済が苦しくなって、返済が延滞すればどうなるでしょう。

まず金融機関から督促の書類がきます。延滞が6ヶ月を超えると、金融機関では一括繰り上げ返済を要求してきます。

通常の毎月の返済ができないのに、一括繰上げ返済を金融機関から要求されてもどうしようもありません。

金融機関はさらに次の手を打ってきます。金融機関は保証協会や保証会社に債権の肩代わり手続きを要求します。

この手続きの後は、金融機関ではなく保証協会や保証会社が乗り出してきます。

保証協会や保証会社は、対象住宅の任意売却、競売をして債権(住宅ローン返済残額)の回収をはかることになります。

通常、競売より任意売却の方が高く売れますので、まず任意売却を考えます。しかし金融機関が複数の場合、うまく調整が取れない場合もあり、その場合は競売になります。

任意売却、競売で売れたとしても、市価よりかなり安い価格になります。したがってかなりの残債務(住宅ローン残債務)が残ることになります。


ここで債務者(ローン返済者)は考えなければならないことがあります。

マイホームが任意売却または競売になれば、住宅ローンは全部なくなり、あとは返済しなくていいということではありません。

残った債務はなくなるまで返済しなければなりません。残った債務も返済不能ということになれば、自己破産の申し立てしかありません。



・返済が苦しい・・・この時期が重要!

一時的だからと金利の高い消費者金融から借りるなど絶対にしないこと。

すぐ住宅ローンを借りている金融機関に相談することです。返済期間の延長により毎月の返済額を少なくする等、いろいろ手立てはあります。

金融機関にしても、任意売却または競売になって残債権が残った場合、その回収が不能となれば大きな損害です。そのことを考えれば少しでも返済しやすいようにした方が得であると考えるでしょう。


住宅ローン・入門シリーズ続く
   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る 住宅ローン・返済が苦しい、どうする?ページトップ |LINK |