不動産の基礎知識情報

めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る
*不動産購入シミュレーション! 契約準備4
スポンサードリンク スポンサードリンク


*不動産購入シミュレーション! 契約準備4



・売買契約書 (続)


・瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)

瑕疵とは、ある物が通常有しているべき品質、性能等を有していない状態をいいます。簡単な話、欠陥、傷もんであるということです。

売買の目的物件に隠れた瑕疵、通常人の注意をもっては知りえない欠陥が存在する場合の売主の責任のことで、これを瑕疵担保責任といいます。

きわめて抽象的でわかりにくいと思いますが、簡単に言えば、床下の木が腐っていた場合なんかが該当します。

しかし新築の家ならいざ知らず、古い建物の場合は腐っている場合もあり、
普通、中古物件では瑕疵担保責任を問わないことが多い。

新築、ないしは築後浅い物件は、この瑕疵担保責任の条項が入っているか注意が必要である。

瑕疵担保責任の条項が入っていて、瑕疵があった場合、瑕疵のために売買の目的を達することができない場合、契約の解除であり、軽微なものは損害賠償の請求となります。

ただしこの権利は、買主が事実を知ったときから1年以内に行使しなければなりません。            (続)

   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産購入シミュレーション!契約準備4のページトップ |LINK |