不動産の基礎知識 競売ドキュメント競売参加1
めちゃやさしい不動産の基礎知識
応用編
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る
*競売ドキュメント 俺は務所帰りや。お前か! この家を落札したのは?1
スポンサードリンク スポンサードリンク

*競売ドキュメント 俺は務所帰りや。お前か! この家を落札したのは?1


この話は、当サイトの読者が生まれて初めて経験した競売の物語である。

その競売の話を、ちゅうさんが解説を入れて仕上げたもので、ノン・フィクションであり、競売の経験のない

読者にとっては、たいへん参考になると思います。




山田は700万円ほど貯めたお金を有効に使おうとあれこれ検討していた。

たまたまインターネットで競売のことを知り、競売なら何とか一戸建を買えると思い、裁判所の競売

物件を検索、閲覧を繰り返していた。


ある日、いつものように競売物件の検索していると次のような物件情報が飛び込んできた。



競売物件情報

戸建、鉄道の駅から300m(歩4分)、土地25坪付き、建物20坪、築後30年、木造瓦葺2階建、

3DK、建ぺい率70%、容積率400%、市街化調整区域、東側幅員4.8m私道、北側幅員3.1m

側道、売却基準価額325万円、賃貸借あり。

さて、あなたならこの情報どういうふうに扱うでしょうか?     (競売ドキュメント競売参加2に続く)
   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産の基礎知識 競売ドキュメント 競売参加1のページトップ  |LINK |