排水、自然排水受忍義務・
民法不動産関係基礎知識

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

         

*排水・自然排水の受忍義務

スポンサードリンク           スポンサードリンク


*排水・自然排水の受忍義務




*土地の所有者は、隣地から水が自然に流れてくるのを妨げてはいけない

 (民法214条)



自然排水の受忍義務

水は高い所から低いところへ流れます。これは当たり前の話です。

自然に流れてくる排水は止めたらだめですよ。受忍しなさいという

ことです。


しかし人工的な排水は原則としてだめですよ。たとえば水が直接隣

地に落ちるような屋根等を設けることはできません。(218条)


隣地が宅地造成等を行なった場合、つまり人工が加えられ、人工的

な排水ということになれば、隣地所有者は、排水設備を設ける等、

排水処理をするのが当然でしょう。


人工的な排水が認められる例外は、高地の所有者が、排水するため

他人の低地を使用しなければ水路、下水道に達することができない

場合に限ります。


その方法も、低地に最も損害の少ない方法を選ばなければなりませ

ん。 (220条)その場合他人の設けた私設水路を使用できます

が、その利益を受ける割合に応じて私設水路の費用、保存の費用を

出さなければなりません。





(参考)


【民法】




(自然水流に対する妨害の禁止)

第二百十四条  土地の所有者は、隣地から水が自然に流れて来る

のを妨げてはならない。




(水流の障害の除去)

第二百十五条  水流が天災その他避けることのできない事変によ

り低地において閉塞したときは、高地の所有者は、自己の費用で、

水流の障害を除去するため必要な工事をすることができる。




(水流に関する工作物の修繕等)

第二百十六条  他の土地に貯水、排水又は引水のために設けられ

た工作物の破壊又は閉塞により、自己の土地に損害が及び、又は及

ぶおそれがある場合には、その土地の所有者は、当該他の土地の所

有者に、工作物の修繕若しくは障害の除去をさせ、又は必要がある

ときは予防工事をさせることができる。




(費用の負担についての慣習)

第二百十七条  前二条の場合において、費用の負担について別段

の慣習があるときは、その慣習に従う。




(雨水を隣地に注ぐ工作物の設置の禁止)

第二百十八条  土地の所有者は、直接に雨水を隣地に注ぐ構造の

屋根その他の工作物を設けてはならない。




(水流の変更)

第二百十九条  溝、堀その他の水流地の所有者は、対岸の土地が

他人の所有に属するときは、その水路又は幅員を変更してはならな

い。

2  両岸の土地が水流地の所有者に属するときは、その所有者は、

水路及び幅員を変更することができる。ただし、水流が隣地と交わ

る地点において、自然の水路に戻さなければならない。

3  前二項の規定と異なる慣習があるときは、その慣習に従う。




(排水のための低地の通水)

第二百二十条  高地の所有者は、その高地が浸水した場合にこれ

を乾かすため、又は自家用若しくは農工業用の余水を排出するため、

公の水流又は下水道に至るまで、低地に水を通過させることができ

る。この場合においては、低地のために損害が最も少ない場所及び

方法を選ばなければならない。




(通水用工作物の使用)

第二百二十一条  土地の所有者は、その所有地の水を通過させる

ため、高地又は低地の所有者が設けた工作物を使用することができ

る。

2  前項の場合には、他人の工作物を使用する者は、その利益を

受ける割合に応じて、工作物の設置及び保存の費用を分担しなけれ

ばならない。




(堰の設置及び使用)

第二百二十二条  水流地の所有者は、堰を設ける必要がある場合

には、対岸の土地が他人の所有に属するときであっても、その堰を

対岸に付着させて設けることができる。ただし、これによって生じ

た損害に対して償金を支払わなければならない。

2  対岸の土地の所有者は、水流地の一部がその所有に属すると

きは、前項の堰を使用することができる。

3  前条第二項の規定は、前項の場合について準用する。


    民法不動産関係基礎知識 続く




めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   排水、自然排水受任義務民法不動産関係 のページトップ | お問合せ | LINK |