隣地境界線からの距離 建築、窓、縁側、ベランダ
・民法不動産関係基礎知識

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

         

*隣地境界線からの距離 建築、窓、縁側、ベランダ

スポンサードリンク           スポンサードリンク


*隣地境界線からの距離 建築、窓、縁側、ベランダ




*建物を建てるときは、境界線から50cm以上離すこと。





(234条)異なった慣習があるときはそれに従う。(236条)


これに違反して建築しているときは、隣地の所有者は、建築をや

めさせるとか変更させることができます。建築着手のときから1

年経過し、または完成したときはだめ。損害賠償請求だけになり

ます。


異なる慣習があるときは、その慣習に従う、という規定もありま

す。


東京都、大阪市等地価の高いところでは、そんなこと言っておら

れない時代になっています。

50cm未満が慣習かどうか難しい判断に迫られることになりま

す。




*境界線から1メートル未満の距離において他人の宅地を見通す




ことのできる窓、縁側、ベランダ等を設ける場合は、目隠しを付

ける必要があるという規定があります。(235条)


この規定、昔なら当然だったかもしれませんが、現在はどうでし

ょうか。

現在のように土地の値段が高くなった時代にこんなこと言ってら

れませんね。都会ではこのような慣習はないと思われます。







(参考)
 

【民法】


(境界線付近の建築の制限)

第二百三十四条  建物を築造するには、境界線から五十センチ

メートル以上の距離を保たなければならない。

2  前項の規定に違反して建築をしようとする者があるときは、

隣地の所有者は、その建築を中止させ、又は変更させることがで

きる。ただし、建築に着手した時から一年を経過し、又はその建

物が完成した後は、損害賠償の請求のみをすることができる。




第二百三十五条  境界線から一メートル未満の距離において他人

の宅地を見通すことのできる窓又は縁側(ベランダを含む。次項

において同じ。)を設ける者は、目隠しを付けなければならない。

2  前項の距離は、窓又は縁側の最も隣地に近い点から垂直線に

よって境界線に至るまでを測定して算出する。




(境界線付近の建築に関する慣習)

第二百三十六条  前二条の規定と異なる慣習があるときは、その

慣習に従う。

     民法不動産関係基礎知識 続く



めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   隣地からの距離 建築、窓、縁側、ベランダ のページトップ | お問合せ | LINK |