競売公告ってなんだ?・競売用語

めちゃやさしい不動産競売基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

『不動産競売用語』 競売公告ってなんだ?

スポンサードリンク スポンサードリンク

『不動産競売用語』

*競売公告って何だ?




一般で言う『不動産売買広告』である。競売をする裁判所の掲示場や裁判所内で一般の人が見やすい場所等に掲示される。入札期日の2週間前までに競売物件の公告をすることになっています。

また不動産の所在地の市町村の掲示板に掲示される。そのほか新聞広告、週間住宅情報誌等に競売物件を掲載される場合もあります。しかしあくまでも概要です。

最近はインターネットでも競売物件を閲覧できるようになりました。一部の裁判所ではできない所もありますが・・・。

閲覧できても、あくまで概要であり、三点セット等詳しいことは裁判所の閲覧室、閲覧場で閲覧することになります。

無料で閲覧できますので、気楽に出かけましょう。ついでに刑事裁判を傍聴してくるのも社会勉強になるかもしれません。

三点セットは、事件(裁判所では、刑事事件に限らず、民事事件でも事件と呼びます。)ごとにその写しがファイルに綴じられ、並べられています。

大部分の閲覧場では有料コピー機が置かれています。ややこしいものはコピーすることができますので、なれない人はすべてコピーしてもいいと思います。

すべてコピーしても金額的にはしれています。コピーしたものをあとでじっくり検討できるので競売物件の調査漏れを防ぐことができます。
スポンサードリンク
不動産競売基礎知識・競売用語続く
   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   競売公告ってなんだ?・競売用語のページトップ |LINK |