競売物件・建ぺい率・競売用語

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る

『不動産競売用語』 競売物件・建ぺい率

スポンサードリンク スポンサードリンク

『不動産競売用語』 競売物件・建ぺい率




防災、日照等住環境を守るため、敷地に空地を残すよう、建てられる建物

の大きさを制限しています。

建ぺい率はその地域の都市計画で定められています。

また角地は緩和する規定などがあり、その地域の市町村役場都市計画課で

聞くのがいいでしょう。


建築面積の敷地面積に対する割合  

建ぺい率=建築面積÷敷地面積

建築面積  50平方メートル 
敷地面積 100平方メートル 

50÷100=0.50   

建ぺい率 50%ということになります。



 
*建築面積


建ぺい率の計算に必要な「建築面積」について触れておきます。


建築面積というのは、簡単な話、建物の1階の面積のことです。

ただし2階が1階よりはみ出していたらどうなるでしょう。

もちろんはみ出している部分も含みます。建物を真上から見て一番外側

の線で求めた面積です。(ひさしは柱がありません。この場合は少し違

う解釈になります。そんな細かいことは省略します。)



*床面積、延べ面積


床面積とは壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積です。1階床面積、

2階床面積と言います。この各階の合計を「延べ面積」といいます。

区分建物の場合は壁の内側(内面)でこかまれた部分です。



*容積率


建築物の延べ面積の敷地面積に対する割合です。


容積率=建築物の延べ面積÷敷地面積

建築物の延べ面積=敷地面積X容積率


容積率20/10 つまり200%のところでは、敷地面積が100u

とすると延べ面積200uまで建てられるということです。


このほか前面道路幅員(2以上の道路に面しているときは幅員の大きい

方)による制限があり、上記容積率と比べどちらか低いほうになります。

この計算は前面道路(12m未満の場合)X10分の4(10分の6の

場合もあり)=容積率となります。


前面道路4mの場合の計算例

容積率=4X4/10=16/10・・・・・160%

上記の200%に比べ160%の方が低い。・・・答えは160%にな

ります。

こまかいことが少しありますが、大まかな場合はこういうことです。


「要注意」

競売物件で、既に建っている建物でも、建ぺい率違反しているものがあ

ります。そのまま使う場合はいいんですが、建て替えとなると、現状の

大きさには建て替えられないことになります。注意する必要があります。

どうもおかしいと感じたら、その地域の市町村役場都市計画課、建築指

導課で聞くのがいいでしょう

スポンサードリンク
不動産競売基礎知識・競売用語 続く

   めちゃやさしい不動産の基礎知識のトップに戻る   不動産競売基礎知識・競売用語のページトップ |LINK |