地震に強いマンションを探すぞ!1 めちゃやさしい不動産の基礎知識
ホームページ

*地震に強いマンションを探すぞ!1
スポンサードリンク
スポンサードリンク

*地震に強いマンションを探すぞ!1


鉄筋の数が少なくても、悲しいかな、しろうとにはわからない。マンションを建てているとき、見ようと思っても危険、じゃまと言われて見せてもらえない。人間のやることだから役所、検査機関でも見逃すこともあるだろう。

構造計算書というのを見たことありますか?すごいページ数です。2階建でも50ページはありますよ。それが数字ばっかり書いてあるんです。高層マンションになったらとんでもないページ数、この構造計算間違いないかどうか責任をもって調査しなさいと言われたら、どうします。ダイエットのつもりでかかる覚悟がいりますよねえ。構造の係りの人には頭の下がる思いです。

・地盤−−−マンションを建てるときは地質調査をやります。その結果を見て基礎の設計に入ります。そんなことをやっていても阪神大震災のように、建物はどうもないのにビルがひっくり返っている。これは軟弱地盤が原因です。建物の鉄筋の本数に手抜きがなかっても倒れるときは倒れる。基礎の設計が甘かったかもしれません。一番の原因は軟弱地盤です。

とにかく地盤がしっかりしているかどうか、これにかかってきます。聞き込み調査をすることになります。地名も参考になるときがあります。沼田、浜、水に関係する地名は特に注意が必要です。昔沼地でどうしようもない所であったとか、蓮池であったとかです。

埋立地、盛土している所も注意が必要です。付近の古くから住んでいる人は事情、経緯をよく知っておられます。そういう人に聞くのもいいですね。
調査の結果軟弱であるとわかれば、そこに建っているマンションは安くてもやめましょう。

スポンサードリンク
めちゃやさしい不動産の基礎知識 地震に強いマンションを探すぞ!1 のページ・トップ | お問合せ | LINK |