不動産登記簿って何なのさ?

めちゃ やさしい 不動産 の 基礎 知識
めちゃやさしい不動産競売の基礎知識
めちゃやさしい不動産の基礎知識






土地の登記簿

スポンサードリンク スポンサードリンク


土地の登記簿


大部分の土地はすでに登記されていて、土地の登記簿があります。土地は1筆(いっぴつ)2筆(にひつ)と数えます。1筆ごとに地番があり所有者が記載されています。

しかし里道(明治時代に公図を作ったときすでにあった道、公図には赤線が引かれています。「りどう」と読みます)には地番がありません。

また水路は青線が引かれています。これも同じく地番がありません。両方とも土地の登記簿はありません。これは国有地なんです。

仮に不要になった里道、水路を誰かが国に対して払い下げの申請をして、許可が下りたとしたら、これに地番をつけることになります。
あるいは海を埋め立てた場合、地番をつけることになります。そのとき登記簿を作ります。

また1筆の土地を2筆以上に割ることを分筆(ぶんぴつ)といいます。分筆したときも、あらたに土地の登記簿を作ります。
スポンサードリンク
不動産登記簿って何なのさ? 続く
めちゃやさしい不動産の基礎知識 不動産登記簿ってなんなのさ?のページ・トップ | お問合せ | LINK |